スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク


制限デッキを使ってみた感想

先日作ったデッキ『二翻縛り』を、その後の対戦で何度か
使ってみました。
使いづらいデッキなのは相変わらずですが、いくつか参考に
なることもあったので少し書いてみます。

①自陣二列目・中立に配置できるユニットの優位性

 ヴァージンパイクやブラックガードなどの守備力のある
 ユニットは、たとえコストオーバーで次に破棄されるのが
 ほぼ確実でも、1ターンは相手のユニットの足止めが出来ます。
 戦術を使われて倒されても、もともと破棄する予定であれば
 相手に1枚使わせたことで満足できます。
 
 また、兵士カードというよりも、相手ユニットの足止めのための
 擬似戦術カードとして使ったことが多かったです。そのため、
 そうした使い方のために他のデッキでも入れて役に立つカードだと
 思いました。
 (戦術カードの偽報は後ろに他のユニットがいると使えないので、
 足止めに使うにはやや弱い気がします)

②コストオーバーユニットに対して

 コストオーバーしながらユニットを布陣してターンエンドすると、
 相手は攻めてきたユニットを倒すか、放置してこちらのターンに
 破棄させるかのどちらかを選ぶことになります。

 そんなケースでは、中立や相手エリアにいるユニットは、戦術を
 使用してでも倒されてしまうことが多かったです。
 確かにこちらの手の内のカードが分からない以上、強行軍や突貫を
 警戒するのは当然だと思います。

 ということは、相手にプレッシャーを与える意味でどんどん敵陣へ
 攻め込み、次のカードを布陣して攻めを途切れさせないような
 戦法が良さそうな気がしました。
 (ただし、尖兵やハイランダーが敵陣にいるときは別です)

③場のユニットの必要性の見極め

 『二本縛り』では、食料値の関係で、不要なユニットをずっと場に
 残すことが出来ないため、今どのユニットを優先して場に残すかを
 考える必要がありました。不要なユニットは出来るだけオトリで
 使って、大事なユニットは倒されないことが大事です。

 また、不要なユニットが無い方が戦いやすい場合もあります。
 移動がスムーズに出来たり、尖兵・セブーナなどにやられる前に
 場から消して相手の目論見を外したりといったケースです。
 また、布陣スペースを空けておくことで、必要なユニットを
 布陣できるようにしておくのも重要です。

 他のデッキでもそうですが、不要なユニットをいつまでも残すと
 役に立たないばかりかむしろジャマになることがあるので、
 コストオーバーで破棄しながらユニットの入れ替えをすると場が
 すっきりして良いかも知れません。


「今頃そんなことに気付いたの?」と言われるかもしれませんが、
制限デッキで戦ってみるといろいろ分かることもあるので、是非
皆さんも試してみてはどうでしょうか。 
 
 
スポンサード リンク


テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

プロフィール

カツマ

Author:カツマ
バトルラインに関しての
駄文がメインです。
リンクはフリーですので
よろしくお願いします。

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

amazon
サイト内検索
カスタム検索
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
画像など
(c)2008-2010 8-senses.All Rights Reserved
最新トラックバック
リンク
蒼い世界の中心で完全版 バトルライン公式WEB SITE 無料WEB漫画 蒼い世界の中心で
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。